在留資格・就労ビザ・帰化許可サポート群馬

主な就労ビザと必要書類

在留ビザの書類作成から申請代行までおまかせ下さい

在留資格(ビザ)について

  • 日本で中長期に滞在することを目的として、入国をしても良いという許可が在留資格であり、現在36の資格があります。その中でも就労が目的の中長期在留資格が26あります。
  • 就労ビザは外国人が個人で申請できるものではなく、企業と雇用契約等を締結した上で、出入国在留管理庁に申請するものになります。
  • 就労ビザは学歴(専攻内容)と職務内容の合致が不可欠ですので、文書や口頭での説明が不明確ですと、本来許可となるべき申請内容でも、不許可になる可能性があります。また日本語学校卒業の資格のみでは就労ビザは取得できません。

主な就労ビザの要件や必要書類は、下のカードをクリックしてご確認ください。

 

 
就労ビザ」は次のものになります。
  1. 「外交」
  2. 「公用」
  3. 「教授」
  4. 「芸術」
  5. 「宗教」
  6. 「報道」
  7. 「高度専門職1号 イ」
  8. 「高度専門職1号 ロ」
  9. 「高度専門職1号 ハ」
  10. 「高度専門職2号」
  11. 「経営・管理」
  12. 「法律・会計業務」
  13. 「医療」
  14. 「研究」
  15. 「教育」
  16. 「技術・人文知識・国際業務」
  17. 「企業内転勤」
  18. 「介護」
  19. 「興行」
  20. 「技能」
  21. 「技能実習1号 イ」
  22. 「技能実習1号 ロ」
  23. 「技能実習2号 イ」
  24. 「技能実習2号 ロ」
  25. 「技能実習3号 イ」
  26. 「技能実習3号 ロ」

在留ビザの書類作成から申請代行までおまかせ下さい

 

あなたの悩みはここで解決

■事務所地図はここから

 

■お問合わせフォームはここから

メールで回答させていただきます

 

行政書士鈴木コンサルタント事務所

℡ 027-377-6089

 

土日祝日ご予約承ります。

初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

このページの先頭に戻る

主な就労ビザと必要書類記事一覧

在留ビザの書類作成から申請代行までおまかせ下さい技術・人文知識・国際業務ビザとは技能実習を除く就労ビザ(在留資格)の80%近くを占め、最も多いビザになります。技術系や人文系の専門知識を活かしたホワイトカラーであり、単純労働は認められません。留学生の新卒採用でも、海外からの招へいであっても基準は同じになります。雇用会社側の書類も多く、業務内容や良好な実績等を証明する必要があるため、中小企業や零細企業...

在留ビザの書類作成から申請代行までおまかせ下さい技能ビザとは特殊な分野に属する、熟練した技能を要する業務に従事する活動であることが条件になります。具体的な職種としては、外国料理の調理師、スポーツ指導者、航空機の操縦者、貴金属等の加工職人等があります。この中でも最も多い、外国人の調理師について見ていきます。具体的には中華料理や韓国料理、タイ料理やインド料理の調理師になります。取得のための要件は次のと...

在留ビザの書類作成から申請代行までおまかせ下さい企業内転勤ビザとは企業内転勤ビザの対象者は、人事異動や転勤で日本に入国する外国人になります。取得のための要件は次のとおりです 直近1年間に、外国にある本店や支店で勤務していることのみが要件となります。その間継続して、技術・人文知識・国際業務に従事していることが必要になります。単純労働は認められません。学歴や実務経験は要件とはされません。日本人と同等以...

在留ビザの書類作成から申請代行までおまかせ下さい経営・管理ビザとは経営管理ビザは、外国人経営者や役員が取得するビザになります。経営管理ビザで多いパターンとしては次のとおりです。一定期間日本で働いた後に起業する場合外国で会社を経営していてその後日本に進出する場合留学生が卒業後に就職せず会社経営を始める場合外国人が日本企業の役人に就任した場合在留資格「経営・管理」の取得1.会社を経営・管理する外国人が...

在留ビザの書類作成から申請代行までおまかせ下さい特定活動特定活動は他の在留資格に該当しない活動であって、「法務大臣が個々の外国人について特に活動を指定する在留資格」のことです。「特定活動」では、政府(法務大臣)が「出入国管理および難民認定法」を改正することなく、日本に在留可能な活動の種類を増やすことができます。「特定活動」の在留カードには、多岐にわたる特定活動の内容は書かれていませんので、パスポー...

page top