在留資格・就労ビザ・帰化許可サポート群馬

帰化申請をしましょう

■帰化許可の書類作成から申請までサポートします

帰化許可申請の手続きについて

  • 帰化許可手続きのおおまかな流れは次のとおりです。当事務所にご依頼いただいたことを前提に話を進めて行きます。決められた範囲内でのお手助けをお約束いたします。
  1. 必要な書類を集める。
  2. 申請書類を作成する。
  3. 申請書類、添付書類を法務局に提出する。
  4. 許可不許可の決定を待つ。
  • 書類は行政書士が集めるものと、行政書士のアドバイスにしたがってお客様ご自身が集めるものがあります。アドバイスにしたがっていただければ結構です。
  • 書類を作成するのも手間がかかりますが、一番重要なことは、必要な書類をすべて取りそろえることです。これが一番たいへんになります。取り忘れや間違いのないようにします。
  • 法務局に申請をするのはお客様ご自身になります。行政書士は、法務局への申請に付き添い、アドバイスを行ないます。
  • 許可不許可の決定には非常に慎重な審査を経ますので、1年の期間を見ておきましょう。
この申請によらず例外的に届出によって日本国籍を取得できる方法もあります。
  • 日本国民父と外国人母との婚姻前の出生子で、出生後に日本国民父から認知された、20歳未満の子。この者が日本国籍を取得しようとする場合は、その子が法務大臣に届け出ることで日本国籍を取得できます。

帰化申請のアドバイスから書類作成代行いたします

行政書士の仕事と当事務所のお約束

行政書士(ぎょうせいしょし)の仕事はふだんの生活にはあまり関係のない分野が多いですが、外国人の方にとってはビザ申請や帰化申請などの、関係の深い仕事をしています。でも「行政書士」という名前は聞いたことはないかも知れません。

 

ビザ申請や帰化申請も、

  1. 法律や申請方法を勉強し
  2. 数々の書類を取得し
  3. 慎重に書類を作成し
  4. 平日に役所と交渉をし
  5. 平日に役所に申請をする

このようなことができれば、ご自分で申請することができます。

 

でも人生で大事な申請ですので、プロに手伝ってもらった方が安心です

 

行政書士がお金をいただいて仕事をするということは、お客様にとって大変な手間や時間をお買い上げいただくということになります。

 

当事務所は知識と経験やネットワーク力を発揮し、打合せから業務終了まで、お客様のご期待に最大限お応えできることをお約束いたします。

 

■大切な帰化申請はプロがサポート

 

あなたの悩みはここで解決

■事務所地図はここから

 

■お問合わせフォームはここから

メールで回答させていただきます

 

行政書士鈴木コンサルタント事務所

℡ 027-377-6089

 

土日祝日ご予約承ります。

初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

このページの先頭に戻る

帰化申請をしましょう記事一覧

■帰化許可の書類作成から申請までサポートします帰化許可申請の手順について帰化許可申請の手順は次のとおりです。簡単にはいきません。書類が受理されたということは一応書類に形式上の不備がなかったということであり、その上で記載内容に誤りがないかの厳しい調査が行われ、許可不許可の決定となります。お客様から相談をいただきます。申請をする前に、お客様と住所地を管轄する法務局担当者が面談を行います。その際に申請書...

■帰化許可の書類作成から申請までサポートします帰化するためには6つの条件が必要帰化をするためには次の6つの条件が必要になります。 引き続き5年以上日本に住所を有すること(国籍法5条1項1号)20歳以上で本国法によって行為能力を有すること(行為能力を有するとは、成人であると認められることです)素行が善良であること自己または生計を一にする配偶者その他の親族の資産または技能によって生計を営むことができる...

■帰化許可の書類作成から申請までサポートします官公署等から取り寄せる書類官公署等から取り寄せる書類は次のとおりです。本国法によって行為能力を有することの証明本国の成人年齢、行為能力の制限を定めた法令および申請者の年齢を証明したものであり、本国の官公署が発行したものであることが原則となります。韓国では「家族関係登録証明書」、台湾では「戸籍謄本」がこれに当たります。在勤および給与証明書、最終学校の卒業...

■帰化許可の書類作成から申請までサポートします作成しなければならない書類次の書類を作成しなければなりません。帰化許可申請書帰化の動機書履歴書宣誓書親族の概要を記載した書面生計の概要を記載した書面事業の概要を記載した書面自宅勤務先等付近の略図帰化許可申請書の書き方について申請書類は法務局の担当官から、お客様ご自身が直接手渡されたものを使用します。法務局によって多少仕様が異なる場合があります。1.帰化...

■帰化許可の書類作成から申請までサポートします完成した申請書類を提出します帰化許可申請書類は、お客様の住所地を管轄する法務局、地方法務局の国籍課または戸籍課に提出します。前橋地方法務局群馬県前橋市大手町2-3-1 前橋地方合同庁舎027-221ー4466書類は原則すべて2部提出します。作成する書類について、手書きで申請する場合は黒カーボン紙を用いて黒ボールペンで複写するか、黒ボールペン書きの正本と...

page top